Sponsored Links

ゴールデンウィークやシルバーウィークを説明するとき

日本の国民の祝日は英語でどう表記するの?と思ったことはありませんか?

日本特有の祝日もありますし、英語訳はどうしたらいいのでしょう?

そんな疑問を今日の記事が解決します。

 

こんにちは。

バイリンガル育児アンバサダーのさとみんです。

 

ゴールデンウィーク始まりましたね!

海外にはないゴールデンウィーク。

たくさんの祝日がこんなに続けて制定されているのは

海外では珍しいです。

 

海外、特にオーストラリアではどんな国民の祝日があるのでしょうか?

日本と比較するのもおもしろいですね。

 

Sponsored Links

 

日本の国民の祝日の英語表記一覧表

日本の国民の祝日は全部で16日。

最近制定されたものもありますね。

 

1月1日January 1New Year’s Day元日元旦
1月の第2月曜日2nd Monday in JanuaryComing of Age Day成人の日おとなになったことを自覚し、みずから生き抜こうとする青年を祝いはげます
2月11日February 11National Foundation Day建国記念の日日本建国記念の日。1966年制定
3月20~21日頃March 20,21Vernal Equinox Day春分の日自然をたたえ、生物をいつくしむ。1948年制定
4月29日April 29Showa Day昭和の日激動の日々を経て、復興を遂げた昭和の時代を顧み、国の将来に思いをいたす
5月3日May 3Constitution (Memorial)Day憲法記念日日本国憲法の施行を記念し、国の成長を期する
5月4日May 4Greenery Dayみどりの日昭和天皇の誕生部であったが天皇が自然をこよなく愛したことから1989年制定
5月5日May 5Children’s Dayこどもの日こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する。1948年制定
7月の第3月曜日3rd Monday in JulyMarine Day海の日海の恩恵に感謝するとともに、海洋国日本の繁栄を願う
8月11日August 11Mountain Day山の日山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する。2016年新設
9月の第3月曜日3rd Monday in SeptemberRespect for the Aged Day敬老の日多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う
9月23日頃September 23Autumnal Equinox Day秋分の日祖先をうやまい、なくなった人々をしのぶ。1948年制定
10月の第2月曜日2nd Monday in OctoberHealth and Sports Day体育の日スポーツにしたしみ、健康な心身をつちかう
11月3日November 3Culture Day文化の日自由と平和を愛し、文化をすすめる
11月23日

November 23

Labour Thanksgiving Day勤労感謝の日勤労をたつとび、生産を祝い、国民たがいに感謝しあう。1948年制定
12月23日December 23The Emperor’s Birthday天皇誕生日天皇の誕生日を祝う。

 

※このほかに『前後が祝日である平日は、国民の休日となり、休日となる。』日は

国民の休日とされ、祝日扱いになることがあります。

英語では、People’s Dayです。

 





オーストラリアの祝日(Public Holidays)一覧表

オーストラリアは国として国民の祝日、Public Holidaysが定められているのではなく、

州によって異なります。

太字は各州共通の祝日です。

 

オーストラリアでは全部17日ですが、

州によって祝日であったりなかったりするので

国として祝日になるのは12日といったところです。

 

日本のほうが多いですね!

January 1New Year’s Day  元旦
January 26Australia Day  オーストラリア建国記念日
March 30(2018)Good Friday  グッドフライデー
March 31(2018)Easter Saturday  イースターサタデー
April 1(2018)Easter Sunday  イースターサンデー
April 2(2018)Easter Monday  イースターマンデー

April  25

Anzac Day  アンザックデー
1st Monday in May May Day(Northern Territoryのみ)

Labour Day(Queens landのみ)

勤労感謝の日
1st Monday in JuneWestern Australia DayWestern Australia Dayのみ to commemorate the founding of the Swan River Colony in 1829
2nd Monday in JuneQueen’s BirthdayQLD、WA除く 女王の誕生日
1st Monday in OctoberQueen’s BirthdayQLDのみ 女王の誕生日
October 1Labour DayACT, NSW, SAのみ 勤労感謝の日
2018はOct 8Family and Community Day

first Monday of the Term3(September/October) school holidays

Australian Capital Territoryのみ

 

1st Tuesday of NovemberMelbourne CupVictoriaのみ メルボルンカップ
December 25Christmas Day  クリスマス
December 26Boxing Day South AustraliaではProclamation Dayと呼ぶ ボクシングデー
December 31New Year Eve7pm~深夜までNorthern Territoryのみ

 

 

まとめ

日本とオーストラリアの祝日を比べてみると

オーストラリアは宗教による祝日や、

女王の誕生日、勤労感謝の日など理由が明確な祝日が多いですね。

 

日本の山の日や海の日など

自然に感謝する日は祝日なのは日本らしいと感じます。

 

長時間労働など日本では休みがとりにくいという問題を解決するために

祝日を多くして、長い連休を人々がとりやすいようにしようという

配慮が感じられると感じます。

 

オーストラリアでは、

とくに長い連休がなくてもみなさん1,2週間の休暇をとりますから。

クリスマスの時期は2週間弱のお休みがもらえる会社勤めのひとは結構います。

 

有給は必ず消化しなくてはいけないので、

先日夫も2週間の有給休暇を取らされていました。

 

長いときは有給休暇と無給で休みを申請し、

1か月くらいの休みがもらえる場合もあります。

海外に里帰りする人が多いのも移民の国ならではなのでしょうね。

 

 

 

Sponsored Links