LINEで送る
Pocket

Sponsored Links

小学生向けオンラインアクティブラーニングのLEARNie(ラーニー)無料体験2回目のレッスンの口コミです。

オンライン英会話と言ってしまうには内容がもっと濃い、まさにアクティブラーニング!

8歳の小学3年生の息子がLEARNie(ラーニー)で無料体験しました。

 

新しい”英語学習”のカタチ。

 

すごく新鮮で、面白かったです。

英語でプレゼンテーションをしたり、

ディスカッションをしたり、ゲームをする。

英会話だけじゃなく、英語をコミュニケーションツールにするための

オンライン英会話です。LEARNie(ラーニー)。

 

今日は2回目のレッスンの口コミや

LEARNie(ラーニー)で使用するZOOMという会議システムの感想です。

 

Sponsored Links

 

LEARNie(ラーニー)無料体験2回目のレッスンの8歳小学3年生の口コミ

 

LEARNie(ラーニー)1回目のレッスンの感想や、

無料体験の申し込み方法などは前回の記事をご参照ください。

 

関連記事

 

 

息子もノリノリでとても楽しんでいたLEARNie(ラーニー)

先生がフレンドリーで明るくて楽しかったようです。

 

2回目のレッスンは、

Whichの続きでした。

 

 

今回はね、前回のレッスンの終わりに先生にどんなレッスンを希望するか、

どこを伸ばしたいか?を聞いてもらったので

 

日本語と英語の変換というかコネクションを強くして

日本語・英語のスイッチをパッと切り替えられるようにしたいと

お伝えしたんです。

 

これは、バイリンガル講師じゃなきゃできませんよね。

外国人講師で英語しかわからないオンライン英会話スクールではできないこと。

 

そしたら、2回目のレッスンはお見事!!

先生の配慮がすごかった。

 

息子は英語はネイティブスピーカーだけど

日本語は話せるけどボキャブラリーはそんなにありません。

そこで、先生は例文が出るたびに

「日本語にしてみて。日本語では何ていう?」

と日本語に訳すように誘導。

 

英語の授業なんだけど

日本語にする場面では生徒に聞いてみるという感じで

とてもうまく授業を進めてくれました。

 

英語の文を日本語に訳して学んでいくスタイルは

もう日本語の基礎ができている小学生にはとても分かりやすいですし、

日本語を介して英語を理解するので

英語を学ぶことによって日本語力が落ちるという心配をしなくていいわけです。

 

日本で生活していて英語を学んでも日本語が伸びないという悩みは

心配する必要はないと思うんですけどね。

 

小学生が英語を学ぶためには、

日本語と英語を頭の中でリンクさせて

こういうときはこうやって英語では言うんだ。

と確認しながら覚えていく。

わからないときはその場で日本語で聞けるのがLEARNie(ラーニー)のメリット。

 

気になる日本人バイリンガル講師の発音は、

ネイティブスピーカーの講師と比べたらやっぱりアクセントは感じますが

十分に綺麗です。

 

日本の小学生が目標をするのは日本人でありながら

世界に通じる英語力を身に着けるというところですよね。

まさに、日本人が英語を話すお手本が先生という感じです。

 

日本語、英語の切り替え

バイリンガルのお手本であるバイリンガル講師との授業は

子供にとって素晴らしい刺激になりますね。

 

LEARNie(ラーニー)のレッスンの日本語と英語の割合は?

今回の2回目のレッスンも前回の女の子と2人。

英語の感じからは初心者という感じでしたので

先生も日本語の割合を多めにしていたように感じました。

 

これがもっと慣れてくると

先生も英語をメインに最低限の日本語で進めるのではないかと思います。

どのレベル、どの学年かによって変わるでしょうね。

 

そこは日本語で先生にリクエストできるので

親としてもコミュニケーションがとても取りやすいです。

外国人講師にうちの子はどうですか?って進捗状況を英語で聞くのも

ママにしても大変ですしね。

日本語でここをもう少し頑張るといいですよとアドバイスがもらえるのは助かります。

 

LEARNie(ラーニー)のレッスンを振り返って

いろいろなオンライン英会話スクールを試してきましたが、

日本人講師のバイリンガル講師は初めて!

 

とても満足度が高いレッスンでした。

やっぱり母国語をベースにして外国語を学ぶのはやりやすい。

 

オーストラリアの語学学校に通っていた時に

英語の文法は英語で説明されて学んでいたんですが、

ある程度英語が分かっているからふむふむと理解できたのであって、

 

もしも、これが中国語を学んでいて

中国語の文法の説明をたとえ簡単な中国語でされても

やっぱりわからないよね?と。

子供も一緒なのかも??

 

 

シンプルな英語で説明されても

英語自体が未知の言語であれば

先生の説明はわからないですよね。

先生のあとに復唱することはできても

どんな場面でそのフレーズを使えばいいかという深い理解はできない。

 

英語を日本語で学ぶ機会があるオンライン英会話スクールってなかった!!

 

この部分に一番感銘をうけました。

 

2020年からの小学校での英語が教科化される変更に

不安を感じている保護者の方も多いと思いますが、

そのための準備としても

LEARNie(ラーニー)はおすすめだと思います。

 

一緒にレッスンを受けていた女の子も

小学3年生だと思いますが、

ちゃんと英語を話せていました!

まったく英語を勉強していない子と比べたら

これは差が出るな!とびっくり。

お母さんの英語への意識の高さが子供の英語力に直結していると感じました。

 

その子はお母さんは付き添いせずに1人でレッスンを受けられていたので

慣れてこれば親に付き添いは必要ないですね。

 

LEARNie(ラーニー)は60分のレッスンなので

最初は長いかな?と思いましたが、

どんどんワークが変わっていくのであっという間!

 

週に1回のレッスンですが、

宿題や課題がでるので1週間の間があってもちょうどいいでしょうね。

これが毎日だったら60分は大変です・・・。

 

 

>>小学生で英語を始めるならLEARNie(ラーニー)に関する疑問徹底解説

 

 

LEARNie(ラーニー)のZOOMという会議システムの感想は?

私は個人的にSkype利用のオンライン英会話はあまり好きじゃありません。

アプリ利用のタイプが好き。(ネイティブキャンプなど)

 

LEARNie(ラーニー)はZOOMというシステムを使って

複数人でレッスンを共有します。

オンライン会議みたいな感じですね。

 

授業のお知らせというメールで

参加URLが送られてくるのでPCならば

それをクリックするだけ。

そのときに最初は名前を入れるように言われますので

子供の名前を入力しました。

2回目からはこの作業は不要です。

 

ZOOMはこんな感じで

先生が教材を見せてくれてみんなの顔と名前が表示されています。

 

ヘッドフォン(マイク付き)の利用が推奨されていましたが

PC内蔵のカメラとマイクで大丈夫でした。

 

ヘッドフォンを使うと、

見ている親に声が聞こえなくなるんですよね。

私はレッスンの内容を聞きたい派なのでヘッドフォンなしがいいです。

 

このZOOM、

タブレットで利用すると

APP Storeからダウンロードして

ユーザーネームとパスワードの設定がいります。

 

そこまではできたんですが、URLをクリックするのに

iPadで自分のメールアカウントに接続して参加URL情報を準備するのが

めんどくさくて・・・。 

 

というわけでノート型PCでレッスンを受けた方が簡単でした。

 

ちょっと接続は不安定というか

フリーズしたりはよくしてました。

もう一度ZOOMに入りなおすと改善されたりするようです。

 

全体的にZOOMの利用に対しては

難しくもないし、音声なども特に不満はありません。

 

 

まとめ

LEARNie(ラーニー)は比較的新しいオンライン英会話スクールなので

まだ知名度はそれほどありませんが、

これから英語を初めて学ぶ小学生にはおすすめ!

 

英会話だけにとどまらず、

英語でのプレゼンテーションスキルが学べるのは本当にポイントが高い!

オーストラリアでは3歳の幼稚園児から練習するこのスキル。

将来的に留学する可能性があったり、

英語のバイリンガルに!と考えているなら幼いうちに慣れさせておきたいスキルです。

 

LEARNie(ラーニー)では発表の時間があるので

ここで英語でのプレゼンテーションスキルが学べます。

日本語と違って、英語では先に結論を言ってから

理由を述べるというスタイルなので練習が大事です。

 

無料体験レッスンが用意されているので

気軽に試すことができますよ。

 

日本初!オンライン×少人数グループの小学生専用英語レッスン – LEARNie(ラーニー)
無料体験申し込み受付中!

 

 

Sponsored Links

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

LINEで送る
Pocket