LINEで送る
Pocket

Sponsored Links

今日は、手作りクリスマスクラッカーの作り方です。

簡単にできるクリスマスクラフトなので、

子供会や幼稚園のクリスマス会などにも大活躍ですよ!

 

日本のクリスマスといえば、

フライドチキンとクリスマスケーキのイメージ。

KFCのCMのイメージが強くて・・・

 

オーストラリアのクリスマスはというと、

エビ、チェリー、ハム、クリスマスプディング、パブロバ!

 

真夏のクリスマスですから、

冷たいエビをカクテルソースでいただきます。

 

そして、忘れてはならないのが、

クリスマスクラッカー!!

 

クリスマスボンボンともいわれます。

 

Christmas Cracker

Christmas Bon Bons

 

なかには、小さなおもちゃと、ペーパークラウンと、ジョークが書いた紙が入っています。

このジョークがさっぱり意味がわからないんだけれど・・・

PublicDomainPictures / Pixabay

 

 

日本では、なかなか手に入らないクリスマスクラッカーを

子供と一緒に手作りしましょう!!

 

2歳くらいのお子さんなら一緒にできますよ~

 

Sponsored Links

 

本場のクリスマスクラッカーに入っているもの

  • 小さなおもちゃ
  • ジョークの書いた紙
  • 薄い紙でできたクラウン

 

クリスマスクラッカーの使い方

クリスマスクラッカーは、

クリスマスディナーやランチなどてーぶんセッティングの仕上げに

お皿の上や、横に置きます。

 

クリスマスクラッカーは端と端を

クリスマスディナーなどで隣の席に座った人と引っ張り合います。

 

”ポン!!”といい音がしますが、

おもちゃは、飛んでいくことはありますが

結構、そのまま筒の中に入っていることも多いです。

おもちゃの大きさにもよりますね。

 

下の写真は、

クリスマスクラッカーをオープンした直後。

img_5713

 

オープンしたクリスマスクラッカーの本体中をのぞくと・・・

ペーパークラウンとジョークの紙はこのように入っています。

img_5715

 

クリスマスクラッカーの作り方

用意するもの:

  • なるべく薄いラッピングペーパー
  • トイレットペーパーの芯 または 厚紙を筒状にしてホチキスでとめたもの
  • 小さなおもちゃ
  • セロハンテープ
  • リボン
  • (お好みで)ペーパークラウン
  • (お好みで)ジョーク・なぞなぞを書いた紙

 

アレンジとして、

中に紙吹雪などをいれても華やかです。

 

Step1 材料を用意する

img_5721

 

Step2 トイレットペーパーの芯を半分に切る

img_5723

 

パーティジョークはなぞなぞや格言などで代用してもいいし、

メリークリスマス!のメッセージだけでもいいね!

かわいいシールでも子供は喜びそう。

img_5722

 

このジョークがまったく意味がわからなかったりする・・・笑

Dad Jokeともいわれ、いわゆるダジャレのようなもの。

 

このつまらないジョークを見て、みんながRoll their eyesするという感じなんですが、

Roll their eyes(目だけで天を見上げて、あきれちゃう!)というジャスチャーです。

fullsizerender-16

 

Step3 芯に中身をつめます。

img_5724

 

Step4 ラッピングペーパーで包みます。

なるべく薄くて柔らかい包装紙のほうが開けるときに

破れやすくて、力を入れずに開けられるよ!

img_5725

 

Step5 テープで1か所とめます

img_5726

 

Step6 端をリボンで2か所しばって、キャンディ型にします。

img_5727

 

できあがり!!

 

10分でできる簡単クリスマス クラッカーの作り方でした。

 

動画も作ったので見てみてね!

お子さんと一緒にクリスマスクラフトしよう♪

 

Sponsored Links

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

LINEで送る
Pocket