LINEで送る
Pocket

Sponsored Links

3~5歳くらいの幼稚園児にぴったりの英語絵本、

Pamela AllenのTHE BIG FISHをご紹介します。

 

みんな大好きな”おおきなかぶ”にとてもよく似ていて、

子供は大好きです。

 

こんにちは。

バイリンガル育児アンバサダーのさとみんです。

 

私も大好きなPamela Allenの絵本は、

イラストも文もPamela Allen自身が書いていますが、

この味のあるイラストが特徴的。

 

いくつも受賞作を生み出しているPamela Allenが

2016に出版した比較的新しい絵本です。

 

もうPamelaは、80歳を超えているので

彼女の絵本は30年前のものもあります。

 

このTHE BIG FISHはまだまだニューフェイスなので

あまり知られていないかもしれませんね。

 

日本であまり知られていない英語絵本を開拓していくのも楽しいですよ!

 

Sponsored Links

 

Pamela AllenのTHE BIG FISH

IMG_8286

作・絵 Pamela Allen

出版年:2016

 

“Once upon a time

a little old man, a little old woman,

a small boy and a small girl

went to spend the day by the river.

 

The little old man wanted to catch a big fish

and soon there was a tug-tug-tug on his line…

 

Find out what happens next!

 

THE BIG FISHのあらすじ

IMG_8287

登場人物はある家族。

小さなおじさんと、小さなおばさんと

小さな男の子と、小さな女の子。

そして、忘れてはならないのが、1匹の犬。

 

みんなで、川にピクニックにでかけました。

 

Little old manとありますが、お父さんだと思われます。

お父さんは、釣竿を出してきて、釣りを始めました。

 

こんな楽しい歌を歌いながら・・・

IMG_8291

 

I wish, 

I wish, Oh, how I wish I could catch A big fish!

大きな魚がつかまえられますように!

 

お父さんが釣りを始めて間もなく、

釣り糸が、Tug on his line(強く引っ張られる感じ)!

そして、あやうく川に落ちそうに!

 

IMG_8293

 

お父さんは、Little old woman(お母さん)に助けにくるよう叫びました。

 

お母さんがお父さんを引っ張って、

お父さんが釣竿を引っ張って・・・

そして、またあの歌を歌います。

IMG_8294

 

I wish, 

I wish, Oh, how I wish I could catch A big fish!

大きな魚がつかまえられますように!

 

お父さんの釣竿がまたTug-tug on his line(強く引っ張られて)!

お父さんとお母さんは落ちそうに!

 

お母さんは小さな男の子に助けを求めました。

男の子がお母さんをひっぱって、

お母さんがお父さんをひっぱって、

お父さんは釣竿をひっぱってまたもや歌います。

 

I wish, 

I wish, Oh, how I wish I could catch A big fish!

大きな魚がつかまえられますように!

 

そして、そのあとは、

もちろんまた落ちそうになるので、

女の子が助けにきますが・・・

 

IMG_8295

とうとうみんな落ちてしまいます。

 

IMG_8296

 

陸にいるのは、犬だけ。

最後には犬がみんなを1人ずつ引っ張ります。

 

Woof ! woof! woof!

わん!わん!わん!

 

犬は小さな女の子を川から引っ張りました。

 

そして、犬と女の子は、

男の子を引っ張り上げました。

 

次は、犬と女の子と男の子が

お母さんを引っ張り上げます。

IMG_8297

 

最後にお父さんを助けた後は、

みんなでランチタイム。

 

さぁ、大きな魚は結局捕まえることができたのでしょうか?

 

 

THE BIG FISHのおすすめポイント

Pamela Allenの絵本は、繰り返しの表現が多いのが特徴です。

同じ歌が何度も登場します。

 

I wish, 

I wish, Oh, how I wish I could catch A big fish!

大きな魚がつかまえられますように!

 

何度も読むうちに

子供たちはすぐに一緒に歌い始めるでしょう。

 

オリジナルのメロディをつけて読むのもおすすめです。

 

そして、まさに”おおきなかぶ”を思い出させるストーリー!!

おじいさんがかぶを引っ張って、

おばあさんがおじいさんを引っ張って、

孫がおばさんを引っ張って、

犬が孫を引っ張って・・・

 

日本では、小学一年生の国語で

息子が体験入学させていただいたときに

”おおきなかぶ”の授業をしていました。

 

こういう繰り返しの表現は、

子供たちはあっという間に覚えてしまうので

 

このTHE BIG FISHも暗唱できるようになるかもしれません。

 

幼稚園児への読み聞かせや、

小学校で”おおきなかぶ”を習うときにもおすすめです。

 

THE BIG FISHの購入はこちら

日本のAmazonでは、取り扱いがありませんので、

送料無料でイギリスまたはオーストラリアから発送される

Book Depositoryでの購入がおすすめです。

 

Book DepositoryでTHE BIG FISHを購入する

 

 

 

Sponsored Links

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

LINEで送る
Pocket