LINEで送る
Pocket

Sponsored Links

やってきました!

クリスマスまでもう1か月ちょっと。

 

オーストラリアの夏のクリスマスももうすぐです。

この時期になると、

暦上では、12月1日から夏!!のオーストラリア。

 

マンゴーやピーチ、ネクタリン、チェリーなどの

夏の果物が店頭に並びます。

 

我が家も夏のクリスマスは、

6回目。

 

今日は子供たちとパパがクリスマスツリーを出しています。

さっき買い物に行ったら、

クリスマスツリーのデコレーションや

ラッピングを買い込む家族連れの姿が多かったです。

 

 

オーストラリアの子供たちは何歳くらいまで

サンタクロースを信じているんでしょう?

 

Sponsored Links

 

オーストラリアの子供たちは何歳までサンタクロースやエルフを信じる?

我が家は上の子が、Year3、日本の小学3年生、

真ん中が、Kindy、日本の幼稚園年長、

末っ子が3歳。

 

もちろん全員サンタクロースの存在を信じています。

 

 

サンタクロースはたった1人だけど、

サンタのヘルパーたちはたくさんいて、

特に、エルフは子供たちのクリスマスプレゼントを作ってくれる大切な存在だと

信じています。

 

 

まわりの小学3年生の子供たちは、

サンタクロースを信じている子供ばかり。

 

小学5年生くらいになると分かれてきますね…。

 

日本ではどうですか??

 

 

知り合いの子供たちを見ていると

お友達から何らかの情報を聞いて、

あれ?サンタって…と疑問に思い始めることがあるみたいです。

 

 

特に中国系の家庭の子供が

”サンタなんていない”とクラスで発言したことから

子供がとても動揺したと、

その家庭のお母さんにクレームを言うなんていうことも何件か

聞いたことがあります。

 

 

多文化国家であるオーストラリアなので

文化的にクリスマスが根付いている国、文化と

そうでもない文化があるのかもしれませんね。

 

 

サンタを信じる?って英語でなんて言うの?

Do you believe in Santa?

サンタを信じる?

 

I believe in Santa!!

サンタを信じています。

 

If you believe in Santa, he will give you presents.

もし君がサンタを信じるなら、サンタはプレゼントを届けてくれるよ。

 

Do you believe in Elf?

エルフを信じる?

 

Elf is Santa’s helper.

エルフはサンタのヘルパーです。

 

 

 

 

オーストラリアのサンタクロースはどこにクリスマスプレゼントを置くの?

 

日本では、枕元にクリスマスプレゼントを置くケースが多いかな?

 

オーストラリアでは、

クリスマスツリーの根元にサンタクロースがクリスマスプレゼントを

24日のクリスマスイブに届けてくれます。

 

 

オーストラリアにはサンタへの手紙を置くポストがある!

↑実際に私が撮ったサンタへのポスト

 

子供たちはほしいおもちゃなどがある場合は、

サンタさんにお手紙を書きます。

 

そのお手紙を入れるポストが町中にあります。

特に、ショッピングセンターが多いです。

Westfieldにはほぼ絶対あるのでは??

 

かわいいですよね!!

 

 

サンタと一緒に写真を撮るサンタフォトブースには

たいていサンタへのお手紙を投函するポストがあります。

たまに返事が来ることがあります!!

 

Myerでサンタへの手紙を住所を書いて投函したら

お返事がきました!!!

 

 

エルフはサンタの代わりに子供を見張っているよ!

日本では、クリスマスと言えば、サンタクロースとトナカイが有名ですが、

忘れちゃいけないのがエルフの存在。

 

エルフは、

子供たちがおりこうさんにしているか

こっそりチェックしているんですよ。

 

Elf is checking on you!

エルフがあなたを見張っているよ。

 

早く寝ているか、

歯磨きしているか、

宿題しているかなど

エルフは子供たちがちゃんとおりこうさんにしているかチェックしています。

 

Elf on the shelfは有名ですね。

 

 

日本でも買えます!

 

 

AmazonでのElf on the shelfグッズはこちら

 

夜、こっそりエルフは机の上や、棚など

毎日移動するんです。

 

子供たちをチェックするために

サンタが遣わせたエルフ。

 

女の子と男の子バージョンがあり、

肌の色が白い子と黒めの子と2種類あります。

 

今年は我が家もElf on the shelfデビューしようかと思ったんですが、

うちのガールズは夜に赤ちゃん人形が怖いというタイプなので…

夜、ドールがしゃべってるとか、

動いてるとか妄想がすごいので無理かも…

 

 

まとめ

日本のクリスマスよりも、

家族と過ごすことがメインのオーストラリアのクリスマス。

 

日本のクリスマスケーキはケーキやさんには並びません。

カップルで過ごすよりも、

家族で集まって食事をしたり、

クリスマスプレゼントを交換したり。

 

子供たちはサンタクロースを信じて、

楽しみにするこの季節が私が大好き!!

 

できることならずっとずっと

サンタクロースを信じていてほしい。

 

 

この素晴らしい子供たちとの夢の時間が

1年でも長く続きますようにと今年も祈っています。

 

 

 

Sponsored Links

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

LINEで送る
Pocket