LINEで送る
Pocket

Sponsored Links

942469e9beed032090cd1c4d94989392_s-compressor

 
こんにちは!
バイリンガル育児アンバサダーのさとみんです。

バイリンガル育児は、

山登りに似ていると私は思います。

 

それも、結構高い山。

人によっては、エベレスト登頂だというかもしれないし、

いや、もっと気軽に登れる山よという人もいるかもしれない。

 

山登りをするときって最初にするのは何でしょう?

 

『山登り』と『バイリンガル育児』

本当に似ているんですよ!!

 

そこに、バイリンガル育児を成功させるためのヒントがたくさんありますから。

Sponsored Links

50ca472daa50d4ae3f6c50cbb39d8f1f_s-compressor

山登りをするとき、最初にすることは何ですか?

バイリンガル育児のことは、ちょっと置いておいて、

あなたが、

これから山登りをするとします。

ここでは、有名なエベレストに登るとしましょう。

 

さぁ、あなたが最初にすることは何ですか?

 

山登り用のグッズを買う?

航空チケットを買う?

エベレストについて調べる?

経験者の話を聞く?

登山計画書を作成する?

 

もちろん、こういった準備はとても大切です。

 

でも、最初の最初の最初にすること。

 

 

それは、

 

『エベレストの頂上を目指す!』

 

と、決意し、目標を決めることではありませんか?

 

エベレスト級の山を、

誰かに言われたから渋々登るなんて無理です。

 

絶対に、あきらめない!

絶対に頂上からの景色をこの目で見てやる!

 

そんな強い意志が必要です。

 

長く苦しい頂上のまでの過程を、

くじけそうになる自分の背中を押してくれるのは、

 

『絶対に頂上まで登る』と決めた自分の決意。

 

山の天候は、変わりやすい。

自分の意志だけではどうにもならないアクシデントがあるかもしれない。

 

その度に、臨機応変に対応しながら

ひたすら前を向いて、頂上を目指す。

 

悪天候のときは、しっかり休んで天候の回復を待つことも必要。

吹雪の中、進むことは命取りになるから、

潔く計画の練り直しをしなくてはいけない。

 

一緒に登る仲間が怪我をしたり、病気になったら

潔く登頂を諦める決断をすることも必要になるかもしれない。

 

山登りをするときに、大切なこと。

自分の能力以上の無理をしないこと。

今の自分の状態を客観的に分析し、

登れる山の高さや1日に進むペース配分を決める。

 

自分のペースで登ることです。

もう何度も山登りを経験している人と、

初めて山登りをする人では、差がありすぎます。

 

1日に進むべきは、このくらいの距離と

インターネットで情報を調べても、

それは、今の自分のレベルにあっているかはわからない。

 

今の自分の状態を一番知っているのは、

自分だから。

 

無理をしない。

高すぎる目標を立てない。

 

自分に合った目標設定ができていれば、あとは実行するだけ。

 

山登りでは、自分の意志だけではどうにもならないことが確かにあるけれど、

条件がそろっていれば、

頂上まで一歩一歩進むのは、自分の足だけ。

誰もおぶっていってはくれない。

 

楽な近道もない。

 

何度も心が折れそうになりながら、

諦めそうになりながらも、

一歩一歩進んでいく。

 

そのエベレストの頂上からの景色は、

その努力をした者だけが目にすることができる世界。

 

誰かが登って撮ってきてくれた写真を見るだけでは

味わうことのできない達成感とともに見る景色は

頑張った自分への最高のご褒美。

 

582b5f0f35b11aaacaf3ad2941318b15_s-compressor

バイリンガル育児も山登りも慣れが必要!

エベレストなんていいうと、

限られた人、訓練された人しか登れないと思ってしまうかもしれませんが、

あくまでも、たとえです。

 

日本語も英語も読み書きまで完璧にできて、

発音はネイティブ並みのバイリンガルを日本で

ママとの英語だけで育てようとしたら、

それは、エベレスト登頂並みにレベルの高い目標かもしれませんが・・・

 

いきなり高い山を目指すよりも、

まずは、小さな山から慣れていく。

 

体も慣れて、体力がつき、

山登りのコツがわかってくると、

次はもう少し高い山にチャレンジしよう!と思う。

 

それを繰り返すうちに

登れる山は、どんどん高くなっている。

 

バイリンガル育児もまさにそうです。

 

英語が苦手なママがいきなり1日の生活を全部英語で話す。

英語の絵本を読む。

英語の歌を歌う。

 

いきなり、高すぎる目標を設定をして無理をしても

続かないんです。

 

最初は、まず挨拶から始めよう。

慣れてきたら、簡単な単語で気持ちを表現してみよう。

 

歌は、最初はCDに合わせて歌ってみよう。

 

そうやって小さなステップを登っていく。

とにかく、慣れて、

自信が持てるようになったら次のステップに進む。

 

それを繰り返すうちに、

0から自分が登ってきた山の高さに驚くでしょう。

 

4be246dd819358df73096299a196dbba_s-compressor

あなたの山登りにはパートナーがいることを忘れないで!

どうですか?

 

『山登り』『バイリンガル育児』

 

かなり似ていませんか?

 

 

そして、忘れてはならないのが、

あなたの山登りには、パートナーがいることです。

 

そう、子供です。

 

バイリンガル育児をしていると、

教育熱心なママ、真面目なママは

どんどん一生懸命になります。

 

今は、インターネットでたくさんの情報を手に入れることができますし、

英語教育教材もいいものがたくさん揃っています。

 

ママママ

よし!絶対に子供をバイリンガルに育てて見せる!

 

ママは、そう決めたけれど・・・

一緒に山を登るお子さんはどうですか?

 

まったく山を登る気のない子供の背中を押し続けて

頂上を目指すことはできません。

まして、嫌がる子供を引きずって登ることも無理。

おぶって登っても、ママがバテてしまう。

 

子供のやる気は必須です。

 

かといって、高い山を見せ、

 

ママママ

今から、この山をママと登るのよ!!

 

と子供に言ったって、

 

 

男の子

そんな疲れることは嫌だ

 

 

女の子

こんな高い山は怖い

 

そういうかもしれません。

 

中には、

 

女の子

すごい!おもしろそう!

なんて、言ってくれる子もいるかもしれませんけどね。

 

子供あってこそのバイリンガル育児。

一緒にペースを合わせて、

協力して大きな山を登っていくのです。

 

ママだけが突っ走ることなく、

子供と手を取り合って、

お互いがちょうどいいペースを見つけましょう。

 

親子でいつか頂上からの絶景を一緒に眺める日を楽しみに。

意志あるところに道は開けます。

 

 

Sponsored Links

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

LINEで送る
Pocket